共に学び共に栄える 日創研 佐賀経営研究会

お問い合わせ 入会お申込みはこちら

例会のご案内|

GUIDANCE

平成30年度 佐賀経営研究会12月総会・総会事業

『総 会』 12月総会: ①平成30年度総括 
            ②平成31年度予算(案) 
            ③平成31年度組織図 承認 
      総会事業:
     
         TT研修報告、他研修受講者報告及び懇談会 
         懇談会費2,000円

マーケティング・コミュニケーション 「人と人の対話」と「企業と市場の対話」

コンテンツ概要
①分かっているつもりで実はうまくできていないコミュニケーション!
コミュニケーションの本質
コミュニケーションにとってなぜ論理が必要か?
説得の為の3要素
言語の限界が見える世界の限界である
言葉の質と量が思考力を決定する
コンセプトが生まれ言葉が続く
差異化としてのネーミング
問いの質が答えの質を生む
伝わり方の心理学

②コミュニケーションからマーケティングコミュニケーション
今日的なマーケティングマネージメントの在り方
ニーズとは誰かの特定のニーズである
情報は差異で成り立つ
細分化・顧客特定・ポジショニング 
知覚品質というマーケティングコンセプト
文化がマーケットになる時代 
マーケティングリサーチの功罪 
B to Bの戦略要員 
モノの消費と意味の消費 
消費とマーケティング・コミュニケーション 
その他

対象は経営者及び幹部社員(戦略担当或いは経営計画担当)

【イノベーション】 変化するものだけが生き残り成長するのだ!

人口の急激な減少やAIの普及など、私達中小企業を取り巻く環境は大きく変化しており、これまでの常識にとらわれない新しい発想に基ずく経営が必要とされています。2017年12月期の入所者数が全国第3位を誇り、はた目には順風満帆に見える武蔵境自動車教習所が、なぜ経営革新に舵を切ったのか?それは若者の自動車離れや自動運転技術の普及、など未来を見据えて事業を考えたときに感じた強い危機感!同社は「2030年までに教習所を廃業する」という宣言のもと、自社の強みを生かした経営革新に取り組み、今年2月より保育園事業をスタート。また介護バス、旅行業にも挑戦されようとしてあります。平成21年8月より後継者の高橋明希へ事業継承され、新たな視点から経営に携わっている。

経営白熱教室例会

白熱教室の議論テーマに通して、どちらが正しいということではなく、経営者、管理者、現場という色んな立場から、テーマを議論することにより、参加者全員が今後の自社の方向性、問題点を深く学び、考え、最終的に自分の仕事に役立つ例会です。

平成30年度 佐賀経営研究会8月総会・総会事業

『8月総会のお知らせです』

   日時  H30年8月25日(土)

    19:00~21:00(総会は20:00まで)

場所  アバンセ佐賀(4階 第3研修室)

佐賀県佐賀市天神3丁目2−11(どんどんどんの森内)

TEL (0952)26-0011

    『総 会』 次年度の組織運営や会員の皆様の学びを深める為の総会です。

『総会事業』内容資料を添付しています。

実践マーケティング塾 松尾 光会員

社長塾        高木 興一会員

佐賀経営研究会の会員の研修活用率が高く、日創研の可能思考研修を修了され更に、

学び続けていると同時に、業績を上げている深い内容となっておりますのでお楽しみに。